地域に貢献する総合病院

交通案内

TEL 046-865-4105

 

FAX 046-866-4584

湘南病院

看護部紹介

看護部長挨拶

湘南病院は創立69年を迎えました。横須賀・三浦地域の北部に位置し地域密着型の病院として大きな役割を担っています。

「笑顔のある看護師づくり」をモットーに、看護師がその人らしくイキイキ仕事ができるように支援しています。

自分自身で考え行動でき、相手の気持ちが感じられる感性を身に着け、喜びを患者様と分かち合えることができる看護師に成長できるようにサポートしています。 またワークライフバランスを取り入れ、大事な宝の看護師を応援しています。

看護部の理念

患者様の心に寄り添った安全・安心な信頼のある質の高い看護を提供し、社会福祉に貢献します。

看護部の方針

  1. 患者様の人権を尊重します。
  2. 事故のない安全な看護を実践します。
  3. 専門職として自己研鑽を行います。
  4. 働きやすい職場環境を創ります。

平成27年度 看護部目標

  1. 受け持ち患者様に個別性のある看護実践を行う。
  2. 快適な療養環境を提供し、安全・安心な看護実践を行う。
  3. 多職種と協働し、多様なサービスを提供する。
  4. 病院経営に参画する。

看護部の組織図

看護部の組織図

看護配置

一般病棟
13:1 看護補助配置30:1
精神科病棟
15:1 看護補助配置50:1
精神療養病棟
看護配置・看護補助配置15:1
医療型療養病棟
看護配置20:1以上 看護補助配置20:1以上

看護方式は、固定チーム継続受け持ち制とし、個々の患者様に対して受け持ち看護師が中心となり入院から退院まで責任をもって看護させていただきます。

勤務体制

2交代制で行っています。

病棟部門 外来部門
日勤 8:45~16:45(60分休憩) 日勤 8:45~16:45(60分休憩)
夜勤 16:30~9:00(1.5又は2時間休憩)

看護部委員会活動

今年度目的・目標
【教育委員会】
◯ 豊かな感性と、エビデンスに基づく看護実践能力の向上を目指し、各個人のキャリア開発を支援する
◯ 看護実践に活かせるようOJTを企画し、看護職員と共に実践し、レクチャー・デモンストレーションのフォローを行う
【看護部医療安全委員会】
◯ 現場に活かされる安全対策の実践
【看護部感染委員会】
◯ リンクナースを育成し、現場の状況に即したOJTを可能にする
◯ カテーテル関連対策の周知徹底を図る
【看護部褥瘡・NST委員会】
◯ 栄養障害の早期発見 褥瘡発生予防および褥瘡治癒率の向上
◯ 耐圧分散寝具の整備を行い、患者様に合わせた使用ができる
【看護記録委員会】
◯ 受け持ち看護師として個別性・継続性のある看護実践の記録ができる
【看護基準委員会】
◯ 看護基準・看護手順を活用して、患者様に安全で安心な看護実践ができる
◯ 看護業務基準(一般病棟・精神科病棟・療養病棟)を作成する
【看護研究委員会】
◯ 臨床実践における探究心を養い、研究成果を現場で活用できる
【キャリア開発委員】
◯ 新人~定年間近かまでのキャリアをどう支援するか ー今年度から発足
◯ 2~3年目で退職する事がないように支援方法を考える
【看護必要度プロジェクト】
◯ 看護必要度評価表の実施ができる
◯ 看護必要度院内指導者を育成し、全職員に浸透させる

職場紹介

東病棟

東病棟は、整形外科・耳鼻咽喉科・眼科・泌尿器科・外科・内科とほぼ全科を扱う混合病棟です。

急性期・回復期・慢性期・終末期まで多岐にわたる看護を行うことができ、看護、知識、技術が学べる病棟です。

患者様が安心して治療できるよういつも笑顔で接し、あたたかい看護を心がけています。

西病棟

“患者により良い看護を提供する”病床数36床の急性期・慢性期混合の病棟です。 看護方式は、固定チームナーシングで、患者様に責任と継続性のある看護を提供することを目指しています。

さらに、主治医別で医療チームカンファレンスを行い、それぞれの立場からフィードバックし、 一人ひとりの患者様の心身を総合的にケアして、QOL(クオリティオブライフ)を高めることを目指しています。

鷹取1病棟

鷹取1病棟は、精神科の療養病棟です。 病棟は明るく開放的で、季節の折々に夏祭りや、野外炊飯、クリスマス会など楽しい行事が盛りだくさんあります。

また、日常的にも日課の筋トレ体操や、買い物外出、OTによるゲームやダンス・カラオケ等を通じて、 患者様の生活技能やコミュニケーションスキルが向上できるような看護を行っています。 その時々に患者様の新たな一面を垣間見ることができて、何とも言えぬ充実感があります。

鷹取2病棟

鷹取2病棟は、60床の精神科の閉鎖病棟です。患者様は主に、統合失調症・躁鬱病の方が入院されています。 入院治療は、チーム医療を中心に行い、退院後はデイケアや訪問看護のサービスを提供し、再発の防止を図っています。

また、身体合併症の治療・看護の必要性から一般病棟からのスタッフの移動を行っています。 身体・精神ともに看れる看護師を育てています。

鷹取3病棟

鷹取3病棟は、一般病棟で病状が安定し、継続して慢性疾患の治療やリハビリテーションを必要とする方々を対象とする療養病棟です。内科医師1名、看護師・准看護師10名、看護補助者15名のスタッフで長期療養にふさわしい療養環境を整え、今ある身体機能を維持させつつ病状の回復が図れるよう、療養生活を援助しています。 病院の最上階にある病棟で、晴れた日には遠く“海ほたる”を望む最高のロケーションです。

手術室

当院では、外科・整形外科・耳鼻科・眼科・泌尿器科の手術を行っております。 1症例ごとに担当看護師が術前訪問を行い、患者様に安心して手術に臨んでもらっています。  こじんまりした手術室ですが、笑顔とチームワークの良さは自慢です。子育てをしながらガンバッテます。

外来

外来は、地域の患者様や当院を頼りに来院される患者様に親切・丁寧な対応を心がけています。また医師・コメディカルとのパイプ役となり、納得できる診察のお手伝いができるようにしています。 スタッフは年齢層に幅があり、お互い協力しあいながら和気あいあいと楽しく仕事をしています。

看護部 継続教育

湘南病院看護部では、ひとりひとりが、看護師として成長するために、キャリア開発ラダーを導入しています。 共に学び、共に育つ気持ちを大切に、お互いの成長を育める環境作りを提供しています。 きらきらとした、未来のあなたのために、自分磨きを続けていきましょう。

キャリア開発ラダー

質の高い看護を提供できる看護師の育成に向け、キャリア開発ラダーを導入しています。

新人教育


新人ひとりひとりに、プリセプターを配置し、技術面・精神面をサポートします。 集合教育・OJTを通じて学習できるように、教育委員、教育担当者、主任、課長が中心となり支援します。

OJT

各病棟の特殊性を考え、OJT(分散教育)を年間計画に基づき実施します。

集合教育

院内・院外講師による集合教育を毎月実施しています。年間計画に基づき、 新採用ガイダンスをはじめ、心電図・BLS・クリニカルラダーなど、キャリアアップに必要な教育プログラムを実施しています。

院内研究発表・学会発表

外部講師に指導を受けながら、毎年、各部署が看護研究を実施しています。 研究成果を日本看護学会・日本精神科看護技術学会・神奈川看護学会に、発表しています。